液面位置検出及び液体体積計測装置

開放特許情報番号
L2010004991
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2010/8/27

基本情報

出願番号 特願2008-068336
出願日 2008/3/17
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2009-222596
公開日 2009/10/1
発明の名称 液面位置検出及び液体体積計測装置
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 人工衛星等に搭載された燃料タンク中の残液量を高精度で計測液面検出装置及び液体体積計測装置。
目的 微小重力環境下であっても、様々なタンク部品を内蔵するタンク中に収容された燃料等の液面位置及び体積を、簡易にかつ精度良く計測する液面位置検出及び液体体積計測装置を提供すること。
効果 簡単なシステムで高精度な液量計測が可能となる。また、タンク内の残液量を高精度に把握することが出来るため、人工衛星の運用寿命を正確に予測することが可能となる。
技術概要
液面位置検出及び液体体積計測装置は、タンク内の液体をタンク外部から加熱し、加熱により生ずるタンク側壁の温度上昇を測定する。温度上昇の速さは側壁の温度測定部分が接触している液量に依存し、同じ熱量で加熱した場合でも、接触している液量の多い側壁部分における温度上昇速度は遅いのに対し、接触している液量の少ない、さらには液が全く存在せず気体と接触している側壁部分では、温度上昇速度が速い,と言う現象を利用している。 この装置は、液体を収容するための容器と、容器の側面に設けられ、容器に収容された液体を加熱するための加熱手段と、加熱手段の近傍に設けられ、加熱手段による加熱により生ずる温度変化を測定するようにされた温度測定手段と、温度測定手段により測定された温度変化から、容器内に収容された液体の体積を算出する演算処理手段とを備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT