高バイパス比ターボファンジェットエンジン

開放特許情報番号
L2010004989
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2008-057474
出願日 2008/3/7
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2009-215895
公開日 2009/9/24
登録番号 特許第5092143号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 高バイパス比ターボファンジェットエンジン
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、加圧・減圧
適用製品 航空機に広く用いられるターボファンジェットエンジン
目的 この発明は、ファン径を拡大することなくバイパス比を高め且つエンジンに作用する空気抵抗が少ない構造とすることが可能な高バイパス比ターボファンジェットエンジンを提供することを目的とする。
効果 フロントファンとアフトファンという2つのファンを備えるため、単一のファンを備える従来ターボファンジェットエンジンに比べバイパス比を大幅に高める。 このエンジンの場合、ファンは2つになるが、どちらも径が小さいため、単一ファンより動翼根元部を細く、ファンケースを簡易にすることができ、また、ナセルも小さくなるため低抵抗で軽量となる。
技術概要
フロントファン10によって圧縮された圧縮空気を外気に放出するフロントファン流路20a,20bと、アフトファン40に空気を導入するアフトファン流路50a,50bを、コアエンジン30を中心として、その周りを反時計方向に回転させながら各々の断面形状を変えて、フロントファン10の直後の断面1とアフトファン40の直前の断面11においてフロントファン流路20a,20bとアフトファン流路50a,50bとの幾何学的関係が反転するように配設する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT