自律型掘削装置

開放特許情報番号
L2010004984
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2008-019060
出願日 2008/1/30
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2009-179988
公開日 2009/8/13
登録番号 特許第5109183号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 自律型掘削装置
技術分野 機械・加工、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 地面や他の天体の表面を自律的に掘削する自律型掘削装置
目的 従来の掘削装置は、レゴリスをバケットエレベータで本体外部に排出する構造のため、本体の高さよりも深くまで掘削することができないなどの問題点を解決した新たな自立型掘削装置の提供を目的とする。
効果 掘削したレゴリスをコンベアで排出する必要がないため、体より深い位置まで掘削して潜ることが可能である。 本体外部で相対運動する部位が一切存在しないため、クリアランスにレゴリスが挟まって動かなくなるおそれがない。 掘削したレゴリスが、本体外側を通って後部側に排出されるため、本体内部を貫通するレゴリス排出用の空間を必要としない。
技術概要
自律型掘削装置の本体下部101は、円柱と下端部の円錐とを組み合わせた形状であり、その外周には螺旋状のブレード102が右ねじ形状に設けられている。本体下部101の内部にはホイール103が設けられており、その軸104はベアリング105、106によって回転自在に支持されている。ホイール103の上部には、モータ108が本体下部101に固定して設けられ、その出力軸は軸104と同軸に接続されている。したがって、モータ108は、ホイール103を本体下部101に対して回転させることができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT