充電機能を備えた電源制御器

開放特許情報番号
L2010004974
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2010/8/27

基本情報

出願番号 特願2007-230255
出願日 2007/9/5
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2009-065757
公開日 2009/3/26
発明の名称 充電機能を備えた電源制御器
技術分野 電気・電子、生活・文化、その他
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、環境・リサイクル対策
適用製品 太陽電池用充電装置、充電装置、人工衛星用電源装置
目的 この発明は、従来の方式に比べ、より小型軽量化及び制御系の簡素化を図ることができる新たな方式の充電機能を備えた電源制御器を提供する。
効果 この発明の充電装置によると、各太陽電池と蓄電池との間に設けられたn個のスイッチ手段と、蓄電池の充電電圧を検出する電圧検出手段と、スイッチ制御手段とを設け、電圧検出手段の検出電圧に基づいて蓄電池の充電電圧が所定の電圧を超えないよう、n個のスイッチ手段を所定の順序で開くようスイッチ制御手段が制御するようにしたことによって、制御回路が不要となり、このため、人工衛星などの宇宙用途に用いる場合には、全体の重量及び体積の大幅な削減が可能となる。
技術概要
これまで、太陽電池を用いた電力システムには大きく分けて2種類のタイプがあった。一つはシャント方式であり、他の一つはシリーズスイッチングレギュレータ方式である。シャント方式の場合は、BCR(Battery Charge Regulator)回路が必要となり、スイッチングレギュレータ方式では、制御回路が必要になり、この回路の損失のためパネルが大きくなる欠点がある。この発明は、従来の方式に比べ、より小型軽量化及び制御系の簡素化を図ることができる新たな方式の充電機能を備えたもので、充電機能を備えた電源制御器は、蓄電池と、蓄電池に対して並列に接続されたn個の太陽電池と、各太陽電池と蓄電池との間に設けられたn個のスイッチ手段と、スイッチ手段の開閉動作を制御するスイッチ制御手段と、蓄電池の充電電圧を検出し、その検出電圧に基づく信号をn個のスイッチ手段のそれぞれに供給する電圧検出手段とを備え、太陽電池の出力電力に基づいて蓄電池を充電するときに、電圧検出手段の検出電圧に基づいて蓄電池の充電電圧が所定の電圧を超えないよう、n個のスイッチ手段を所定の順序で開くようスイッチ制御手段が制御するものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT