向流方式エマルションフロー連続液液抽出装置

開放特許情報番号
L2010004834
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2016/6/1

基本情報

出願番号 特願2008-253779
出願日 2008/9/30
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2010-082531
公開日 2010/4/15
登録番号 特許第5305382号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 向流方式エマルションフロー連続液液抽出装置
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 向流方式エマルションフロー連続液液抽出装置
目的 良質なエマルションフローを発生させることで極めて高い抽出率を得て、広い範囲にわたってエマルションフローを安定に保つことで装置の大型化を容易にして、水溶液中の粒子成分によるヘッド部の孔の目詰まりを回避することができる装置を提供する。
効果 単流方式エマルションフロー装置では得られなかったエマルションの良質化と安定化が実現し、目的成分をより高い抽出率で抽出できるようになるとともに、装置の大型化も容易になる。また、向流方式の採用によって、単流方式エマルションフロー装置の大きな弱点であった懸濁物などの粒子成分によるヘッド部の目詰まりの問題も解決できる。
技術概要
水相、抽出溶媒相の少なくとも一方を微細化した液滴として噴出させる手段を備え、2液相が混合して乳濁した状態での流れ(エマルションフロー)を発生させる向流方式の連続液液抽出装置である。水相を噴出させる第1ヘッド部、第1ヘッド部と対抗して配置された、抽出溶媒相を噴出させる第2ヘッド部、エマルションフローが発生するカラム部、カラム部の上方に設置された上方相分離部、及び下方に設置された下方相分離部から成る装置本体と、送液ポンプとから構成する。水試料リザーバー20とエマルションフロー装置10とを結合する導管21に設けられた送液ポンプ16により、リザーバー20からの水溶液を、エマルションフロー装置10の第1ヘッド部11である筒を通して抽出溶媒中に向かって噴出させる。それと同時に、装置の第2ヘッド部12である筒を通して水溶液の流れに向い合うように抽出溶媒を噴出させる。これにより、エマルションフロー装置10のカラム部13には、水溶液と抽出溶媒との乳濁混合相からなる流れ(エマルションフローと称する)が発生する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT