視覚的力表示装置並びに視覚的力理科教材及び科学玩具

開放特許情報番号
L2010004817
開放特許情報登録日
2010/8/27
最新更新日
2013/9/26

基本情報

出願番号 特願2009-049896
出願日 2009/3/3
出願人 国立大学法人宇都宮大学
公開番号 特開2010-085387
公開日 2010/4/15
登録番号 特許第5311476号
特許権者 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 視覚的力表示装置並びに視覚的力理科教材及び科学玩具
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 視覚的力表示装置並びに視覚的力理科教材及び科学玩具
目的 力の大きさと向きの両者を視覚的に認識できる視覚的力表示装置を提供する。
効果 力表示装置は、物体に作用する力の大きさと向きを、視覚的に認識できるので、難解な力の概念を中高生に理解させる教材、あるいは科学玩具として好適である。
技術概要
図1は力表示装置の外観を示す斜視図、図2は力表示装置の構成を示すブロック図、図3は力表示装置におけるコントローラにおける処理の手順を示すフローチャート、図4は力表示装置におけるコントローラにおける生データの処理手順を示すフローチャート、である。力表示装置10は、3軸加速度センサ20A(加速度センサ20A)、加速度センサ20Aで得られた直流の電圧信号からなる加速度情報を受けて、フィルタリング及び増幅するフィルタ・アンプ回路30と、フィルタ・アンプ回路30で処理された情報を受け、かつ処理して制御情報を生成するコントローラ40と、コントローラ40で生成された制御情報に基づいて発光ダイオードLEDが点灯される表示部50とから構成される。フィルタ・アンプ回路30は、z軸加速度情報に適用するカットオフ周波数fzを、x軸およびy軸加速度情報に適用するカットオフ周波数fx、fy(fx=fy)よりも小さくする。さらに、視覚的力表示装置10がy軸の周りにのみ傾くことを許し、重力をx軸およびz軸成分に分解して表示する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宇都宮大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT