肝炎の診断キット及び診断マーカー

開放特許情報番号
L2010004677
開放特許情報登録日
2010/8/20
最新更新日
2012/8/21

基本情報

出願番号 特願2006-193024
出願日 2006/7/13
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2008-017777
公開日 2008/1/31
登録番号 特許第5034040号
特許権者 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 肝炎の診断キット及び診断マーカー
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 肝疾患、診断キット、診断マーカー、肝炎
目的 予後を含めた病態の診断のための新たな診断キット及び診断マーカーの開発。
効果 肝炎の病態と相関性の高い診断を行うことが可能となる。
技術概要
 
この技術では、哺乳動物における肝炎を診断するための診断キットであって、この哺乳動物から得られた組織試料において、TGF−αをコードするmRNAを定量的に検出するための検出試薬を有し、TGF−αのmRNAの発現量が肝炎の診断の指標となる診断キットを提供する。哺乳動物とは、任意の哺乳動物をいい、ヒト、家畜用動物、ペット用動物、動物園用動物、又はスポーツ用動物、例えば、イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ウマ、ヒツジ、ウサギなどを含む。哺乳動物は、好ましくはヒトである。また、肝炎の診断の指標とは、例えば、肝炎の発症、急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎・肝硬変への移行、治療結果の観察・評価、予後、早期診断・早期予知、病態把握、肝不全などの肝障害程度の推定などの、肝炎の様々な診断に用いられる指標のことをいう。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT