カーボンナノチューブを含む抗菌剤とそれを用いた材料及び製剤

開放特許情報番号
L2010004653
開放特許情報登録日
2010/8/20
最新更新日
2010/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-162183
出願日 2006/6/12
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2007-332040
公開日 2007/12/27
発明の名称 カーボンナノチューブを含む抗菌剤とそれを用いた材料及び製剤
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 生体組織代替用抗菌材料、無菌医療器具、抗菌成形材料、抗菌医薬製剤、抗菌剤
目的 患者の診療の際に用いられる生体組織代替用抗菌材料や成形材料や抗菌医薬製剤や薬物輸送製剤に含有させることができる抗菌剤の提供。
効果 この技術の抗菌剤は、生体安全性が高く、静菌や殺菌や抗カビ等の抗菌作用に優れている。この抗菌剤は、人工関節等の生体組織代替用抗菌材料や、医療器具・医薬品・日用品等の成形素材や、医薬製剤・薬物輸送製剤等の原料に含有させて、それらに十分な抗菌性を発現させることができる。
技術概要
 
この技術では、抗菌剤は、カーボンナノチューブからなる抗菌物質を含んでいることを特徴とする。カーボンナノチューブは、0.01〜500mg/mLの濃度で懸濁され、又は0.001〜50重量%の濃度で分散されていることを特徴とする。また、この抗菌剤が、人工関節、人工骨、骨接合固定具、人工歯牙、人工心臓、人工皮膚、人工血管、及び人工体液から選ばれる生体材料に含有され又は付されている生体組織代替用抗菌材料を提供する。生体材料は、人工関節、人工骨、骨接合固定具、又は人工歯牙であって、ポリエチレン、アルミナセラミックス、ジルコニアセラミックス、チタン合金、骨セメント、ハイドロキシアパタイト、リン酸カルシウムセメントから選ばれる少なくとも何れかで、形成されていることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT