超電導回転電機駆動制御システム

開放特許情報番号
L2010004575
開放特許情報登録日
2010/8/13
最新更新日
2012/1/20

基本情報

出願番号 特願2006-302923
出願日 2006/11/8
出願人 国立大学法人東京海洋大学
公開番号 特開2008-125155
公開日 2008/5/29
登録番号 特許第4882053号
特許権者 国立大学法人東京海洋大学
発明の名称 超電導回転電機駆動制御システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 超電導回転電機駆動制御システム
目的 高効率化及び小型軽量化を図った超電導回転電機駆動制御システムを提供する。
効果 高効率化及び小型軽量化を図った超電導回転電機駆動制御システムを提供することができる。即ち、負荷変動等の運転条件の変化に対しても常に低電圧かつ大電流の電力により高効率かつ高力率の運転制御が可能な小型軽量の超電導回転電機駆動制御システムを提供できる。
技術概要
超電導回転電機駆動制御システムは、超電導界磁巻線1cと銅電機子巻線又は超電導電機子巻線1dとを含む同期型回転電機1と、同期型回転電機1に電力を供給する電源装置3又は同期型回転電機1から電力の供給を受ける負荷装置4として備えられる電力装置2と、同期型回転電機1と電力装置2との間で授受される電力の変換を行うインバータ、コンバータ又はサイクロコンバータ等の電機子側電力変換装置5と、同期型回転電機1に界磁電流を供給する界磁電源7と、界磁電源7から超電導界磁巻線1cに供給される電流を制御するインバータ、コンバータ又はサイクロコンバータ等の界磁側電力変換装置10と、超電導界磁巻線1cと銅電機子巻線又は超電導電機子巻線1dとに流れる直流又は交流の電流を協調して制御する統合制御装置8と、超電導界磁巻線1c及び超電導電機子巻線1dを極低温に冷却する冷凍装置12と、を備えている。統合制御装置8は、同期型回転電機1と電力装置2との間で授受される電力の変動、即ち、出力変動に応じて、同期型回転電機1の超電導界磁巻線1cに通電される界磁電流が式を満足するように制御を行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京海洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT