ロボット装置及びそのコミュニケーション方法

開放特許情報番号
L2010004346
開放特許情報登録日
2010/8/6
最新更新日
2010/12/17

基本情報

出願番号 特願2006-077693
出願日 2006/3/20
出願人 国立大学法人電気通信大学
公開番号 特開2007-257088
公開日 2007/10/4
発明の名称 ロボット装置及びそのコミュニケーション方法
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ロボット
目的 ロボットの周囲に多数の人間がいる状態で、ロボットに人間らしいコミュニケーションをさせることを目的とする。
効果 検出された周囲の人間の顔の状態と、検出された周囲の人間の手又は腕の状態とに基づいて、コミュニケーションを行う上で優先度の高い人を特定するようにしたことで、ロボット装置の周囲に複数人がいる状態で、その複数人の中から、ロボット装置に最も興味を持っている人を良好に特定することができる。
技術概要
ロボット装置と、そのロボット装置の周囲にいる人間とのコミュニケーションを行う場合、まず、ロボット装置の周囲を撮影する。 撮影された画像から、人間の顔の検出と、手又は腕の検出を行い、検出された顔の状態と、検出された手又は腕の状態から、それぞれの状態の評価値を得る。 そして、それぞれの状態の評価値に、評価値の種類ごとに予め決められた重み付け係数を乗算し、それぞれの係数値が乗算された評価値の合計の値から、優先度の高い人を特定し、特定された人とコミュニケーションを行う。 また、検出された人との距離、検出された音源位置についても評価値を得て、優先度を判断する。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT