ディーゼルエンジンの排気浄化装置

開放特許情報番号
L2010003890
開放特許情報登録日
2010/7/16
最新更新日
2010/7/16

基本情報

出願番号 特願2001-382727
出願日 2001/12/17
出願人 太田喜雄
公開番号 特開2003-184535
公開日 2003/7/3
登録番号 特許第4152625号
特許権者 太田喜雄
発明の名称 ディーゼルエンジンの排気浄化装置
技術分野 機械・加工、電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、洗浄・除去、安全・福祉対策
適用製品 ディーゼルエンジンの排気浄化装置
目的 エンジンに悪影響を与えることなく、簡単かつメンテナンスが容易な構成で、効果的に排気中のススおよび有害ガスを除去することができるディーゼルエンジンの排気浄化装置の提供を目的とする。
効果 エンジンに悪影響を与えることなく、簡単かつメンテナンスが容易な構成で、効果的に排気中のススおよび有害ガスを除去することができる。
技術概要
ディーゼルエンジンの排気浄化装置は、エンジンの排気口に直接、あるいは排気管またはマフラー等の排気通路に装着される。 排気浄化装置は、捕集ハウジングと、捕集ハウジングの下部に形成された浄化ハウジングと、捕集ハウジングと浄化ハウジングの境界部に回転自在に軸支された回転軸と、回転軸の周囲に取り付けられた複数の捕集羽根と、浄化ハウジング内に供給される洗浄液とから構成される。 捕集羽根は、回転軸に着脱可能に固定されるカートリッジと、カートリッジ内に充填された金属綿からなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 太田 喜雄

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT