放射線検出器および放射線検査装置

開放特許情報番号
L2010003879
開放特許情報登録日
2010/7/16
最新更新日
2013/4/16

基本情報

出願番号 特願2008-298231
出願日 2008/11/21
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2010-122166
公開日 2010/6/3
登録番号 特許第5207056号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 放射線検出器、放射線検査装置および励起子発光シンチレータ
技術分野 電気・電子、無機材料
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 放射線検出器、放射線検査装置
目的 発光量はさほど高くないが、サブナノ〜数ナノ秒という極めて短い蛍光寿命を示すシンチレータと、低発光量の光に対しても高い感度を有するとともに応答速度が速い受光素子とを組み合わせた高速応答の放射線検出器および放射線検査装置の提供を目的とする。
効果 発光量はさほど高くないが、サブナノ〜数ナノ秒という極めて短い蛍光寿命を示すシンチレータと、低発光量の光に対しても高い感度を有するとともに応答速度が速い受光素子とを組み合わせた高速応答の放射線検出器および放射線検査装置を提供できる。
技術概要
励起子発光シンチレータ22とガイガーモードAPD23とを組み合わせる。 励起子発光シンチレータ22は、ZnO、Al:ZnO、Ga:ZnO、In:ZnO、Cd:ZnO、Mg:ZnO、RE:ZnO(RE=希土類元素:Sc、Y、ランタノイド)、ZrO↓2、HfO↓2、GaN、Si:GaN、Ge:GaN、Sn:GaN、Pb:GaN、In:GaN、Al:GaN、Yb:Y↓2O↓3、Gd↓2O↓3、Sc↓2O↓3、Lu↓2O↓3のうち、少なくともいずれか一種類を含み、励起子による0.05ナノ秒〜10ナノ秒の蛍光寿命を有している。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT