もち米粉組成物、発酵生地及びパン・菓子の製造方法

開放特許情報番号
L2010003870
開放特許情報登録日
2010/7/9
最新更新日
2010/7/9

基本情報

出願番号 特願2008-169044
出願日 2008/6/27
出願人 株式会社福盛ドゥ
公開番号 特開2008-228743
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第4418003号
特許権者 株式会社福盛ドゥ
発明の名称 もち米粉組成物、発酵生地及びパン・菓子の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 コッペパン、バターロール、揚げパン、菓子パン、ケーキ
目的 もち米の用途を拡大して米の消費量を増やすとともに、従来にはない新規な食品を製造することのできる米粉組成物、当該組成物を用いて製造された生地および食品、ならびに当該食品の製造方法の提供。
効果 この技術のもち米粉組成物によると、従来の製粉方法により得られるもち米粉を、従来の小麦粉パン・菓子の製造工程と同様の工程でもち米粉パン・菓子を製造するための原料を提供することができる。また、この技術の発酵生地または生地によると、時間と手間のかかる生地を作る工程を省略することができるとともに所望の時間に品質のばらつきの少ないパン・菓子を製造することができる。更に、この発酵生地または生地は、長期の冷蔵または冷凍保存でも品質が劣化しにくく、一定期間中は一定の品質のパン・菓子を提供することができる。
技術概要
 
この技術のパン又は菓子用もち米粉組成物は、もち米粉80〜85重量部とグルテン20〜15重量部とからなる穀粉100重量部と、マルトース1.5〜3重量部と,砂糖6重量部以上を含み、もち米粉が胴搗き製粉、ロール製粉、石臼製粉、気流粉砕製粉または高速回転打撃製粉により得られたものであることを特徴とする。このもち米粉は、石臼製粉により得られたものであることが好ましく、石臼製粉は水挽き製粉であることが好ましい。もち米粉組成物は、さらに白糠1〜30重量部を含むことが好ましい。また、この技術の、もち米粉を主原料とするパン・菓子の製造方法は、もち米粉組成物に水および酵母を加えて混合し、発酵させて発酵生地を作る工程、および発酵生地を成形して焼成、フライ、蒸煮、マイクロ波加熱または加圧加熱により調理する工程を含む。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社福盛ドゥ

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT