顕微鏡装置及びそれを用いた蛍光観察方法

開放特許情報番号
L2010003833
開放特許情報登録日
2010/7/9
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2008-235795
出願日 2008/9/13
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2014-098724
公開日 2014/5/29
登録番号 特許第4288323号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 顕微鏡装置及びそれを用いた蛍光観察方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 環境制御部、被観察物刺激手段、被観察物の運動モデル
目的 分子生物学分野等において、生体組織や細胞内イオン、分子等の蛍光観察などに使用される顕微鏡装置及びそれを用いた蛍光観察方法に被観察物からの透過光等を制御に用いることで、蛍光観察時の被観察物の位置や観察領域等の自動制御を行うことができる、顕微鏡装置及びそれを用いた蛍光観察方法の提供。
効果 この技術の顕微鏡装置によれば、被観察物からの画像情報と被観察物の運動モデルに基づいて蛍光観察領域を決めるので、蛍光観察を自動的に行うことができる。また、この技術の顕微鏡装置を用いた蛍光観察方法によれば、被観察物の運動モデルに基づいて評価関数と自動制御則を導出するために被観察物の位置、分布、種類、状態等をフィードバック情報として用いることで、被観察物の動的変化に対しても臨機応変かつ自動的に蛍光観察パラメータを調整することができる。
技術概要
この技術の顕微鏡装置は、被観察物を載置するステージと、被観察物に照明光を照射する第1の光源と、被観察物に蛍光を励起するための励起光を照射する第2の光源と、照明光の照射によって被観察物で生じた光、励起光及び蛍光のそれぞれの光路が形成されている鏡筒部と、被観察物で生じた光による画像情報を検出する画像情報検出部と、被観察物で生じた蛍光による蛍光画像情報を検出する蛍光画像情報検出部を備えている。また、被観察物の運動モデルと画像情報検出部から入力された被観察物の画像情報とに基づいて被観察物の蛍光観察領域を決定し、画像情報検出部から入力された被観察物の画像情報と蛍光画像情報検出部から入力された蛍光画像情報とを蛍光観察領域内の所定の間隔毎に取得する制御部を備えている。そして、この技術の蛍光観察方法は、被観察物の画像情報と被観察物の蛍光画像情報とを取得する顕微鏡装置を用い、被観察物の画像情報と被観察物の運動モデルとに基づいて被観察物の蛍光観察領域を決定する第1段階と、蛍光観察領域内の所定の位置で蛍光画像情報を取得する第2段階と、を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT