岩盤斜面上の岩塊の不安定性評価方法およびその装置

開放特許情報番号
L2010003790
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2011/12/16

基本情報

出願番号 特願2008-137384
出願日 2008/5/27
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-287923
公開日 2009/12/10
発明の名称 岩盤斜面上の岩塊の不安定性評価方法およびその装置
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 岩盤斜面上の岩塊の不安定性評価システム
目的 同じ地質条件の岩盤斜面上に存在し、かつ同程度のサイズである複数の不安定岩塊を対象として、容易に複数の岩塊での相対的な不安定性の順位付けを定量的に行うことができる岩盤斜面上の岩塊の不安定性評価方法およびその装置を提供する。
効果 同じ地質条件の岩盤斜面上に存在し、かつ同程度のサイズである複数の不安定岩塊(割れ目や風化により浮き石化した岩塊)を対象として、簡易に複数の岩塊での相対的な不安定性の順位付けを定量的に行うことができる。
技術概要
同じ地質条件の岩盤斜面上に存在し、かつ同程度のサイズである複数の岩塊1を対象として設定し、打撃装置3を用いて前記複数の岩塊1のうちの一つの岩塊2を一定強度で打撃し、この岩塊2を振動させる。更に、この岩塊2の表面に圧着させたフード付きマイクロフォン4で、岩塊2の振動によって発生する音を取得させる。打撃音解析装置5によって取得音の電気信号の強度を解析し、その測定を十分な回数行い、複数の岩塊1の全ての岩塊に対して測定を行う。一定強度で岩塊を打撃した際に発生する岩塊の振動を音として取得、解析し、解析した音の電気信号の強度を岩塊の不安定性評価の指標として用いることで、岩塊の不安定性を定量的に評価することができる。複数の岩塊1の岩塊2毎の音の電気信号の強度から、複数の岩塊1での相対的な不安定性の順位付けを定量的に行う事が出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT