圧力波形測定装置及びその測定方法

開放特許情報番号
L2010003777
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2012/8/13

基本情報

出願番号 特願2008-091055
出願日 2008/3/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-244110
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第4997518号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 圧力波形測定装置及びその測定方法
技術分野 輸送
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で実施でき、トンネルなどの管路状空間内等で広く利用される。
目的 管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する平面圧力波の圧力波形測定装置及びその方法を提供する。
効果 トンネルなどの管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する平面圧力波の圧力波形を、リアルタイムに測定することができる。
技術概要
管路状空間内を開口端部へ向けて伝搬する平面圧力波の圧力波形測定装置であって、管路状空間に沿って離間して設けられた複数個の圧力波形測定手段と、圧力波形測定手段によって得られた圧力波形データを管路状空間に沿った基準位置に位相シフトさせて、基準位置における、開口端部で反射した反射波を除去した圧力波形を得るデータ処理手段と、からなる。尚、圧力波形測定手段は、第1圧力波形測定手段及び第2圧力波形測定手段の2個からなり、また、データ処理手段は、基準位置を第2圧力波形測定手段の位置、第1圧力波形測定手段及び第2圧力波形測定手段の中間位置、若しくは、第1圧力波形測定手段の位置とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT