マルチ・ディスプレイ・システムの表示制御方法

開放特許情報番号
L2010003775
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2010/7/2

基本情報

出願番号 特願2008-090881
出願日 2008/3/31
出願人 財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-244587
公開日 2009/10/22
発明の名称 マルチ・ディスプレイ・システムの表示制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 簡便な操作で実施でき、ベゼルの情報が消去されることなく、正確な情報を取得できるツールとして広く利用される。
目的 マルチ・ディスプレイにおいてベゼル部分の影になってウィンドウの表示部分が見えなくなるのを防止し、ディスプレイの視認性や操作性の向上を図ることができるマルチ・ディスプレイ・システムの表示制御方法を提供する。
効果 マルチ・ディスプレイにおいてベゼル部分の影になってディスプレイの表示部分が見えなくなるのを防止し、ディスプレイの視認性や操作性を向上させることができる。
技術概要
ベゼル3により分割されたマルチ・ディスプレイのベゼルの両側のディスプレイを表示し、ベゼルの影となるディスプレイの部分に冗長表示部分4を設定し、設定された冗長表示部分にベゼルの影となる情報を表示する、マルチ・ディスプレイ・システムの表示制御方法である。尚、マルチ・ディスプレイ・システムの表示制御方法において、ディスプレイの冗長表示部分の幅を可変にし、また、ディスプレイの冗長表示部分とディスプレイの表示部分5との境目に線を描画する。更に、ベゼルにより分割されたマルチ・ディスプレイのベゼルの両側のディスプレイを表示し、ベゼルの影となるディスプレイの部分に冗長表示部分を設定し、この設定された冗長表示部分にベゼルの影となる情報を表示する。よって、ベゼルの影になってディスプレイの表示部分が見えなくなることを防止する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT