大型の液晶表示装置用情報入出力システム

開放特許情報番号
L2010003773
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2012/12/21

基本情報

出願番号 特願2008-090769
出願日 2008/3/31
出願人 財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-244578
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5122345号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 大型の液晶表示装置用情報入出力システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 協調的な意思決定を行うための情報の共有化に資するデータ・ディスプレイに対する大型の液晶表示装置用情報入出力システムとして利用される。
目的 液晶表示画面のポイントすべき位置を表示し、レーザ・ビーム・ポインタをタッチパネルと同様な入力システムとして利用することができる液晶表示装置用情報入出力システムを提供する。
効果 大型の液晶表示装置を用いた教習用のポインタとして利用可能である。
技術概要
(a)大型の液晶表示装置11と、(b)液晶表示装置の画面12に対向し、液晶表示装置のポインティング位置13を自在に指し示すことが可能なレーザ・ビーム・ポインタ21と、(c)レーザ・ビーム・ポインタが指示すべき位置を検出する検出手段25と、(d)検出手段からの出力信号に対応して液晶表示装置のポインティング位置を表示するポインティング表示手段とを具備する、大型の液晶表示装置用情報入出力システムである。尚、レーザ・ビーム・ポインタが指示すべき位置を検出する検出手段は、レーザ・ビーム・ポインタの後方から照射されるレーザ・ビームを受ける、液晶表示装置の画面に対応した座標を有する検出板である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT