ボックスカルバート

開放特許情報番号
L2010003771
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2012/8/13

基本情報

出願番号 特願2008-090747
出願日 2008/3/31
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-243139
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第4987780号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 ボックスカルバート
技術分野 輸送、無機材料
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 構造を簡素化し、鉄道分野等で広く利用される。
目的 隅角部の内面にハンチを形成しないことによりハンチ筋を不要とし、これによって、製造工程を簡略化することができるボックスカルバートを提供する。
効果 多大な労力と時間を要するハンチ筋の配筋作業が不要となり、ボックスカルバートの製造工程が簡略化され、また、隅角部の補強用鉄筋の構成が簡素化され、さらに、隅角部の内面にハンチが形成されていない分、開口面積が広くなる。
技術概要
上壁1、底壁2、左側壁3および右側壁4により角筒状に形成され、上壁、底壁、左側壁および右側壁内に、上壁用鉄筋5、底壁用鉄筋6、左側壁用鉄筋7および右側壁用鉄筋8が配されているコンクリート製ボックスカルバートにおいて、隅角部Cの内面にハンチ9が形成されておらず、隅角部の外面は、外方に突出しており、隅角部は、上壁用鉄筋、底壁用鉄筋、左側壁用鉄筋および右側壁用鉄筋の一部によって補強されている、ボックスカルバートである。尚、隅角部は、角梁状に形成されており、また、上壁用鉄筋、底壁用鉄筋、左側壁用鉄筋および右側壁用鉄筋は、それぞれ内側主鉄筋11と外側主鉄筋とを有し、内側主鉄筋は延長され、その先端部は、直角に折れ曲がって隅角部内に配されている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT