鉄筋応力の測定方法

開放特許情報番号
L2010003760
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2012/12/3

基本情報

出願番号 特願2008-088408
出願日 2008/3/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-243961
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5102087号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄筋応力の測定方法
技術分野 輸送、電気・電子
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で実施でき、鉄道等の分野で広く利用される。
目的 移動体が移動するときの所定の時間にわたって、リアルタイムかつ高精度に測定対象の応力を測定することができる鉄筋応力の測定方法を提供する。
効果 リアルタイムかつ高精度に測定対象の応力を測定することができ、安全性の向上を図る。
技術概要
移動体の移動を支持する鉄筋の応力を測定する鉄筋応力の測定方法であって、測定対象のたわみ量をあらかじめ測定するたわみ量事前測定工程と、磁歪センサ10により、測定対象の磁歪変化から測定対象の応力をあらかじめ測定する応力事前測定工程と、たわみ量と応力との複数の測定結果におけるタイミングを識別し、同じタイミング同士で、たわみ量と応力との測定結果を対応付けてたわみ応力特性をあらかじめ算出する事前算出工程と、測定対象のたわみ量を測定するたわみ量即時測定工程と、たわみ量即時測定工程による測定結果から、たわみ応力特性に基づいて、応力事前測定工程のサンプリング間隔よりも小さいサンプリング間隔で、測定対象の応力をリアルタイムに測定する応力即時測定工程とを含む。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT