鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティック及びその使用方法

開放特許情報番号
L2010003747
開放特許情報登録日
2010/7/2
最新更新日
2012/8/13

基本情報

出願番号 特願2008-080896
出願日 2008/3/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2009-235699
公開日 2009/10/15
登録番号 特許第4970327号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティック及びその使用方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 鉄道軌道の現場計測用センサとして有用な鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティックに適用する。
目的 加速度センサを収納する特定構造の鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティックを提供する。
効果 軽微な作業で容易に設置できる鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティックが可能になる。
技術概要
硬質の杭11の先端12と後端13には加工を加えず、硬質の杭11の先端12部には窪み部14と、この窪み部14に連通し、硬質の杭11の後端13を残した位置まで延びる長溝15とを備え、三軸加速度センサを窪み部14に収納し、三軸加速度センサに接続されるケーブル6を長溝15に収納した後に樹脂を封入してなる鉄道軌道の道床振動加速度測定用センシングスティック5にする(図1)。例えば、この道床振動加速度測定用センシングスティック5は、コンクリートまくらぎ3の下部の道床(砕石バラスト)2に打ち込んで、道床振動加速度測定用センシングスティック5の先端部の三軸加速度センサを鉄道用道床2内の所定の位置に設置することにより使用される(図2)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT