強風時の鉄道運行管理方法

開放特許情報番号
L2010003641
開放特許情報登録日
2010/6/25
最新更新日
2011/11/4

基本情報

出願番号 特願2007-142123
出願日 2007/5/29
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-275568
公開日 2008/11/13
登録番号 特許第4837623号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 強風時の鉄道運行管理方法
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 危険な状況に直面した列車の運行を規制する強風時の鉄道運行管理方法
目的 列車が通過する強風規制区間にて、周囲の特有の地形を考慮した風速変動特性に基づく最大瞬間風速の予測を行うことができ、精度の高い運行規制を実施することができる強風時の鉄道運行管理方法の提供を目的とする。
効果 列車が通過する強風規制区間にて、周囲の特有の地形を考慮した風速変動特性に基づく最大瞬間風速の予測を行うことができ、精度の高い運行規制を実施することが可能となる。
技術概要
風速変動特性予測部Bにて、過去の風観測結果と風向別地形因子とを基にして風向別の風速変動特性を予測する。 最大瞬間風速予測部Dにて、風速変動特性に基づき予測された強風規制区間内の最大瞬間風速と瞬間風向の予測値を時系列で出力し、予測値と、列車通過時刻予測部Cにて予測された強風規制区間における列車の到達時刻とから、強風規制区間における列車通過時刻の最大瞬間風速と瞬間風向を予測する。 転覆限界風速出力部Eにて、最大瞬間風速予測部Dで予測した最大瞬間風速とその瞬間風向、列車情報から、強風規制区間を通過する列車の転覆限界風速を検出した後、危険判定部Fにて最大瞬間風速予測値が転覆限界風速より大きい場合に、列車を抑止又は走行速度を規制する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT