トンネル覆工補修構造

開放特許情報番号
L2010003610
開放特許情報登録日
2010/6/25
最新更新日
2011/10/7

基本情報

出願番号 特願2007-087021
出願日 2007/3/29
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-248473
公開日 2008/10/16
発明の名称 トンネル覆工補修構造
技術分野 輸送、土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 トンネル覆工補修構造
目的 トンネル周方向に延びる帯状補修材に加えて、トンネル軸線方向に沿って面状補修材を設置して、トンネルの覆工片が落下するのを有効に防止するトンネル覆工補修構造の提供を目的とする。
効果 トンネル周方向に延びる帯状補修材に加えて、トンネル軸線方向に沿って面状補修材を設置して、トンネルの覆工片が落下するのを防止することができる。
技術概要
トンネル覆工補修構造において、既設のトンネル覆工内面に沿って、トンネルの軸線方向に配置する面状補修材としてのネットと、この面状補修材としてのネット上にトンネル周方向に延びる帯状補修材を配置する。 このネットは、より覆工面の覆工片の剥落の可能性が高いトンネルの内面の上半分の部分に配置するのが望ましい。 なお、面状補修材は、穴を有する板状部材としてもよい。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT