廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽の廃水攪拌方法及び攪拌槽

開放特許情報番号
L2010003527
開放特許情報登録日
2010/6/18
最新更新日
2010/6/18

基本情報

出願番号 特願2006-283237
出願日 2006/10/18
出願人 根岸 美好
公開番号 特開2008-100141
公開日 2008/5/1
登録番号 特許第4471964号
特許権者 根岸 美好
発明の名称 廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽
技術分野 機械・加工
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 ダイオキシン類廃水処理、有機性廃水処理、泥水処理、濁水処理、ベントナイト廃水処理、重金属類廃水処理、湖沼の水質浄化、凝集沈殿装置、攪拌槽、廃水攪拌方法
目的 廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽本体内での廃水の攪拌効率が高くて、凝集剤の廃水への溶け込みが早く凝集沈殿スピードが向上し、また、フロックがしっかりとした大きな形状に形成されて沈殿槽におけるフロックの沈降が早く、透明度の高い処理水が得られる廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽の廃水攪拌方法及び攪拌槽の提供。
効果 廃水の攪拌効率が高くて、凝集剤の廃水への溶け込みが早く凝集沈殿スピードが向上し、また、フロックがしっかりとした大きな形状に形成されて沈殿槽におけるフロックの沈降が早く、透明度の高い処理水が得られる。
技術概要
この技術では、廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽の廃水攪拌方法は、ダイオキシン類廃水、有機性廃水等の廃水の凝集沈殿装置における攪拌槽の廃水攪拌方法であって、攪拌槽における攪拌槽本体の中央部に設置した攪拌機の駆動により、廃水が、攪拌槽本体の内周壁にして、かつ上層部、中間層部、下層部の三層に振り分け配置したそれぞれ同数のバッフルプレートによって水流は中心部が回転して、外側(内周壁側面部)は下から上に流れるとともに、内側(中心部)は上から下に流れる水流が発生し、各バッフルプレート間においてはそれぞれ縦の回転水流が発生して、徐々に水流が上部に移動し、この動きを繰り返して廃水が攪拌されながら凝集されてフロックを形成するものとする。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 根岸 美好

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT