高吸水性ポリウレタンフォーム複合体、その製造方法及び剣山

開放特許情報番号
L2010003450
開放特許情報登録日
2010/6/4
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2006-007779
出願日 2006/1/16
出願人 学校法人金井学園
公開番号 特開2007-186657
公開日 2007/7/26
発明の名称 高吸水性ポリウレタンフォーム複合体、その製造方法及び剣山
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 高吸水性ポリウレタンフォーム複合体、剣山
目的 吸水率、吸水速度及び保水性にすぐれたポリウレタンフォーム複合体及びその製造方法を提供するとともに、剣山を提供する。
効果 吸水率、吸水速度及び保水性にすぐれたポリウレタンフォーム複合体が提供される。このものは、花を生ける際に用いる剣山として好適のものである。
技術概要
 
植物質物質の粉体及びゲル形成型吸水性ポリマーの粉体を含有するポリウレタンフォーム複合体は、植物質物質の含有量が5重量%以上でかつゲル形成型吸水性ポリマーの含有量が5重量%以上である。植物質物質の粉体及びゲル形成型吸水ポリマーの粉体を含有する液体ポリオールに、水の存在下でポリイソシアネートを反応させる方法は、植物質物質の含有量が5重量%以上でかつゲル形成型吸水性ポリマーの含有量が10重量%以上である高吸水性ポリウレタンフォーム複合体である。この高吸水性ポリウレタンフォーム複合体からなる剣山である。植物質物質の粉体は、各種の植物質固体を粉砕して得られる親水性の粉体が用いられ、セルロース粉末、木粉、パルプ繊維粉末、リグニン粉末、バガス粉末等である。その粉末の平均直径は、好ましくは20〜90μm程度である。ゲル形成型吸水性ポリマーは、高分子電解質固体(ポリアクリル酸ナトリウム塩架橋物、でんぷん/ポリアクリル酸塩架橋物等)及びノニオン系ポリマー固体(変性ポリオキシエチレン系、ポリエーテルウレタン系等)である。その粉体の平均直径は、好ましくは20〜50μm程度である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人金井学園

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT