医療用箆

開放特許情報番号
L2010003443
開放特許情報登録日
2010/6/4
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2009-291846
出願日 2009/12/24
出願人 中野 和也
公開番号 特開2010-069321
公開日 2010/4/2
発明の名称 医療用箆
技術分野 有機材料、生活・文化
機能 安全・福祉対策、材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、歯科や外科脳外科など、手術や検診診断等の分野で広く利用される。
目的 口腔内や、内臓の隙間、脳の隙間などを診察する時や、手術などで使用する箆と吸引器具を一つにまとめ箆の先端付近に設けた孔や溝から唾液や体液や血液を除去出来、且つその箆を隅々まで分解し、洗浄殺菌出来るようにした医療用箆を提供する。
効果 歯科や外科、脳外科などの術野を妨げる器具が減り、医師の検診診断手術が速やかに行われ、患者の体にかかる負担が減るという利点があり、また、術用箆を隅々まで分解し、内部まで直接洗浄殺菌出来るようになり、清潔性を保てる。
技術概要
溝加工を施した板甲と平らな板乙を二枚合わせて側面をクリップなどの取り外し可能な留め具を一つ以上使用して留めて成る箆図2Aと溝加工を施した板甲を二枚合わせて側面をクリップなどの取り外し可能な留め具を一つ以上使用して留めて成る箆図2Bにより先端から後端にかけて貫通した孔を中心に有する、医療用箆である。尚、孔が箆の中心より片側に片寄った形を有し、孔を二本有する。また、先端に溝を有し、医療用箆の先端長に差を設ける。更に、先端から後端にかけて貫通した孔を利用して又は箆の中心より片側に片寄った孔を利用して又は箆の中心より片側に片寄った孔二本を利用して唾液や体液や血液などの異物を吸引、吹き付けなどの方法を用いて除去することが一本の箆で行える様にした事により高効率化を可能とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中野 和也

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT