コグニティブ無線通信に用いられるスペクトラムセンサー

開放特許情報番号
L2010003345
開放特許情報登録日
2010/5/28
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2008-265804
出願日 2008/10/14
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-098394
公開日 2010/4/30
登録番号 特許第5252429号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 コグニティブ無線通信に用いられるスペクトラムセンサー
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 スペクトラムセンサー
目的 センサー間で情報を共有することができるスペクトラムセンサーを提供する。
効果 スペクトラムセンサーは、センシング情報プロセッサ(SIP)により、センシング情報をコグニティブエンジン(CE)又は他のスペクトラムセンサーに送信して制御できるので、センサー間で情報を共有することができる。
技術概要
センシング情報プロセッサ(SIP)を有するスペクトラムセンサーに関する。そして、センシング情報プロセッサ(SIP)は、コグニティブエンジン(CE)に含まれるセンシングコントローラー(SC)の指令に基づいて動作する。通常のコグニティブ無線通信に用いられるスペクトラムセンサー(レガシーセンサー)は、単にセンシングデータを変換して、コグニティブエンジン(CE)に送信するだけであった。しかし、本発明のスペクトラムセンサーは,センシングコントローラー(SC)からの指令に従って、単にコグニティブエンジン(CE)にセンシング情報を送信するだけではなく、他のスペクトラムセンサーへセンシング情報を送信できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT