球状コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子の集積体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2010003288
開放特許情報登録日
2010/5/28
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2010-039448
出願日 2010/2/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-057960
公開日 2011/3/24
登録番号 特許第4682368号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 球状コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子の集積体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 球状コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子の集積体
目的 優れた機械的強度を有し、面積を大きくすることが可能で、透明性を有する膜を、安価に作ることができる、新規球状CSCPナノ粒子の集積体、及びその製造方法などを提供する。また、そのような球状CSCPナノ粒子の集積体を用いた高屈折率層を含む反射防止材を提供する。
効果 球状コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子(球状CSCPナノ粒子)の集積体を製造し、提供することができる。また、球状CSCPナノ粒子の体積割合が32%以上の高濃度であり、固定化剤を含み、球状CSCPナノ粒子が均一に分布し、機械的強度に優れていて、大面積の膜を容易に作製することができ、光の透過性と紫外線遮蔽性に優れている球状CSCPナノ粒子の集積体を提供することができる。
技術概要
コア部が酸化セリウムの一次粒子が集合した球状の二次粒子であり、シェル部が高分子である球状のコアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子を均一分布させて集積した集積体であって、(1)コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子の体積割合が少なくとも32%の高濃度であり、(2)樹脂から構成される固定剤を含み、(3)コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子の粒子間に、当該固定剤が充填された構造を有し、(4)コアシェル型酸化セリウム/高分子ハイブリッドナノ粒子が均一に分布し、(5)高分子が、ポリビニルピロリドン(PVP)、又はヒドロキシプロピルセルロース(HPC)であり、(6)機械的強度を有している。図1はサンプル1−3のSEM(走査電子顕微鏡)観察による微細構造を示す。図2はサンプル1−3のSEM観察による微細構造(低倍率)を示す。図において、中心の少し白く見えるところは、高倍率を観察時に変色したものである。図3はサンプル1−3の高屈折率層の波長と屈折率の関係、及び波長と消衰係数の関係を、分光エリプソメトリーにより評価した結果を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 球状CSCPナノ粒子の集積体を構成する酸化セリウムは、屈折率が高く、球状CSCPナノ粒子の集積体を、光硬化性樹脂(感光性樹脂)又は熱硬化性樹脂に分散して、固定化することで、反射防止剤に好適に使われる高屈折率層を作製することができる。また、高屈折率層を有する大面積の膜ないしフィルム状の反射防止材を提供することができる。
改善効果2 高屈折率層は、透明性、均一性があり、紫外線吸収性があることから、ディスプレイに使用される反射防止材として有用である。また、球状CSCPナノ粒子の集積体は、フォトニック結晶への応用が可能であり、高機能光学デバイスを提供することができる。また、酸化セリウムが紫外線遮蔽性に優れていることから、紫外線遮蔽フィルムを作製し、提供することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT