二次元コード、コード生成システム、プログラム、印刷物

開放特許情報番号
L2010003256
開放特許情報登録日
2010/5/28
最新更新日
2016/6/1

基本情報

出願番号 特願2011-549992
出願日 2011/1/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2011/087030
公開日 2011/7/21
発明の名称 二次元コード、コード生成システム、プログラム、印刷物
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 識別機能、構造的連接の機能、イラストを表現できるような構造の二次元コード、個々の二次元コードの識別性
目的 二次元コードの周囲に補足説明文を記述することなく、構造的連接の機能で作られた複数の二次元コードが同一のセットであるか否かを、視覚的に確認することができる二次元コードを提供すること、具体的には、構造的連接の形で連結されて符号化された二次元符号を構成する複数の構成要素のそれぞれの識別機能を高めた構造とした二次元コードを提供することの実現。
効果 構造的連接の形で符号化された複数の二次元コードを異なる紙面上に分けて印刷した際にも同じセットであるかどうかわかりづらくなる問題がなく、簡単に識別できる。また、1セットの構成要素である二次元コードと別のセットの構成要素である二次元コードが混在する場合でも、1セットの構成要素すべてを選び出すことが簡単にできる。
技術概要
この技術では、情報領域とイラスト領域とパリティ領域から構成される構造的連接の形で符号化された複数の二次元コードのセットにおいて、複数の二次元コードのセットの要素となるそれぞれの二次元コードは、イラスト領域に同一のイラスト図形が描画されている二次元コードとする。具体的には、構造的連接の形で符号化された複数の二次元コードから構成される二次元コードのセットにおいて、セットの要素となるそれぞれの二次元コードは情報領域のデータの終端パターン以降からパリティ領域の誤り訂正語までの間にイラスト領域を設け、イラスト領域に同一イラスト図形が描画されているような構造として作製する。例えば、4個の二次元コードで構成され、イラスト領域に「リンゴ」図形の一部を表すイラストを、共通に配置している。これにより、これらの二次元コードが1つのセットであることが明示的に表示された状態となった構造の二次元コードとなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT