電池およびキャパシタの電極材料

開放特許情報番号
L2010003253
開放特許情報登録日
2010/5/28
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2010-005545
出願日 2010/1/14
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-146221
公開日 2011/7/28
登録番号 特許第5392778号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 電池およびキャパシタの電極材料
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 プロトンポリマー電池
目的 プロトンポリマー電池およびキャパシタに用いる新規な電極材料の提供。
効果 本技術によれば、従来のプロトンポリマー電池の負極やキャパシタ電極に用いられていたポリマー電極材料の電荷貯蔵容量が小さいという問題を解決することができ、更にその熱安定性、化学的安定性を高めることができる。
技術概要
この技術では、分子を環状構造にすると、繰り返しユニットの質量を大きく増大させることなく、化学的安定性を高めることができることに着目し、鋭意検討した結果、ベンズイミダゾベンゾフェナントロリンラダー(BBL)ポリマーを電極材料とすることにより、単位質量当たりの電荷貯蔵容量を顕著に高めることができ、更に化学的安定性をも高めることができることを見出した。即ち、式で表される、ベンズイミダゾベンゾフェナントロリンラダー(BBL)ポリマーを含む電極材料である。そして、BBLポリマーは、完全な環状構造からなる高分子であり、ポリフェニルキノキサリン(PPQ)よりも顕著に高い熱的安定性と、化学的安定性を有する。また、PPQの単位重量当たりの電荷貯蔵容量が理論値においても110mAh・g↑(−1)に留まるのに対し、BBLは、およそ155mAh・g↑(−1)の単位重量当たりの電荷貯蔵容量を有し、単位体積当たりに換算すると、240mAh・cm↑(−3)の電荷貯蔵容量を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT