並行複式無機化反応の触媒として最適化された微生物群の種菌の製造方法、また種菌を用いた無機肥料成分である硝酸態窒素を含む肥料の製造方法

開放特許情報番号
L2010003230
開放特許情報登録日
2010/5/21
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2008-262390
出願日 2008/10/9
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2010-088359
公開日 2010/4/22
登録番号 特許第5388096号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 並行複式無機化反応の触媒として最適化された微生物群の種菌の製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、環境・リサイクル対策
適用製品 微生物群の種菌の製造方法、微生物群の種菌、硝酸態窒素を含む肥料の製造方法、硝酸態窒素を含む肥料、硝酸態窒素を含む肥料を用いた植物(果菜、果樹、樹木、花卉)の栽培方法、養液栽培を行う植物(果菜、果樹、樹木、花卉)の栽培方法
目的 並行複式無機化反応の触媒として最適化された微生物群の種菌の製造方法とその方法により得られた種菌、また種菌を用いた無機肥料成分である硝酸態窒素を含む肥料の製造方法とその方法により得られた肥料、さらに硝酸態窒素を含む肥料を用いた植物の栽培方法を提供する。
効果 本発明によれば、並行複式無機化反応の触媒として最適化された微生物群の種菌を得て、これにより有機物を硝酸態窒素に無機化する反応が終了するまでにかかる時間を大幅に短縮することができ、有機物を一度に大量添加することが可能である。そして高濃度の硝酸態窒素を効率よく生成でき且つ微生物源の添加量を大幅に縮減することが可能になる。また、窒素を多く含む有機質資源、食品廃棄物を速やかに分解して硝酸態窒素を含む無機肥料に変換することを可能にする。
技術概要
 
水を溜めることができる容器に水を張り並行複式無機化反応を行う微生物群を接種し、水中において並行複式無機化反応が進行する環境を維持することで並行複式無機化反応を行う微生物群を培養し水と接する固体表面にバイオフィルムを形成させ、次いでバイオフィルムを回収し、回収されたバイオフィルムを並行複式無機化反応の触媒として最適化された微生物群の種菌とする、種菌の製造方法であり、並行複式無機化反応を行う微生物群の接種が土壌、バーク堆肥、および自然より採取した水、よりなる群から選ばれた1種以上のものを接種するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特開2010−088358
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT