上皮系細胞シートの作製のための同種皮膚由来フィーダー細胞

開放特許情報番号
L2010003219
開放特許情報登録日
2010/5/21
最新更新日
2010/5/21

基本情報

出願番号 特願2008-071677
出願日 2008/3/19
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2009-225675
公開日 2009/10/8
発明の名称 上皮系細胞シートの作製のための同種皮膚由来フィーダー細胞
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 上皮系細胞シートの作製のための同種皮膚由来フィーダー細胞
目的 上皮系細胞シートの作製において用いるフィーダー細胞、より詳細には、上皮系細胞シートの作製において用いる、同種皮膚由来フィーダー細胞を提供する。また、同種皮膚由来フィーダー細胞を用いて作製された上皮系細胞シート、及び同種皮膚由来細胞をフィーダー細胞として用いる上皮系細胞シートの作製方法を提供する。
効果 極めて低侵襲で同種由来フィーダー細胞を入手することが可能となるため、異種細胞をフィーダー細胞として用いることなく移植材料を調製することが非常に容易になる。すなわち、安全な移植材料の入手可能性が画期的に高まり、これは再生医療の普及に対して大きな原動力となり得る。
技術概要
上皮系細胞シートの作製において用いるフィーダー細胞であって、上皮系細胞と同種の個体の皮膚に由来する、フィーダー細胞である。このフィーダー細胞は、上皮系細胞に対して自己由来であり、また、ヒト由来であり、また、線維芽細胞であり、さらに、上皮系細胞が、角膜上皮細胞、口腔粘膜上皮細胞、及び/又は結膜上皮細胞である。また、同種皮膚由来細胞をフィーダー細胞として用いて培養された上皮系細胞シートである。図1は皮膚由来細胞(左パネル)及びNIH/3T3細胞(右パネル)をフィーダー細胞として用いた場合の、口腔粘膜上皮細胞のコロニー形成を示す写真である。図2は皮膚由来細胞(左パネル)及びNIH/3T3細胞(右パネル)をフィーダー細胞として用いた場合の、口腔粘膜上皮細胞からの上皮系細胞シートのHE染色像である。図3は皮膚由来細胞(左パネル)及びNIH/3T3細胞(右パネル)をフィーダー細胞として用いた場合の、口腔粘膜上皮細胞からの上皮系細胞シートについての種々のタンパク質の発現を表す免疫染色像である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT