がん細胞運動およびがん細胞浸潤抑制剤

開放特許情報番号
L2010003217
開放特許情報登録日
2010/5/21
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2010-505602
出願日 2009/3/19
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2009/119455
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第5483023号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 がん細胞運動およびがん細胞浸潤抑制剤
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 がん細胞運動およびがん細胞浸潤抑制剤
目的 細胞運動性および浸潤性に関する機能を効果的に阻害する薬剤を提供すること、詳細には、細胞のPAR1(プロテアーゼ活性化受容体1)の活性を抑制して細胞運動性および浸潤性に関する機能を効果的に阻害する薬剤を提供する。
効果 PAR1に特異的に結合してMMP1(マトリックスメタロプロテアーゼ1)による切断を阻害し、がん細胞の運動活性および浸潤活性を阻害する抗体(PAR1抗体)は、がん細胞の運動能および浸潤能を効果的に阻害することができるので、優れた抗がん剤を得ることができる。また、PAR1抗体を用いて腫瘍の検出やイメージングを行うこともできる。さらに抗原性ペプチドを用いて、有効なPAR1抗体を取得し、あるいは精製することができる。
技術概要
PAR1に特異的に結合してMMP1による切断を阻害し、がん細胞の運動活性および浸潤活性を阻害する抗体、または抗体と同様の性質を保持する抗体のフラグメントである。また、PAR1のMMP1による切断部位(Arg41とSer42の間)を含む領域をエピトープとして特異的に結合し、がん細胞の運動活性および浸潤活性を阻害する抗体、または抗体と同様の性質を保持する抗体のフラグメントである。また、エピトープのアミノ酸配列が配列番号:1で示されるものである抗体、または抗体と同様の性質を保持する抗体のフラグメントである。また、独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センターから受託番号FERM BP−11105を付与されたハイブリドーマにより産生されるモノクローナル抗体である、抗体、または抗体と同様の性質を保持する抗体のフラグメントである。図1はPAR1の部分アミノ酸配列(配列番号:3)および合成ペプチドのアミノ酸配列(配列番号:4〜21)ならびに各配列に対するN2−11抗体の結合を示すグラフである。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT