ポーラス金属の製造方法およびポーラス金属

開放特許情報番号
L2010003205
開放特許情報登録日
2010/5/21
最新更新日
2010/5/21

基本情報

出願番号 特願2008-183636
出願日 2008/7/15
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2010-024468
公開日 2010/2/4
発明の名称 ポーラス金属の製造方法およびポーラス金属
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポーラス金属
目的 様々な種類のポーラス金属を容易に製造することができるポーラス金属の製造方法、およびその製造方法により製造されるポーラス金属を提供する。
効果 様々な種類のポーラス金属を容易に製造することができるポーラス金属の製造方法、およびその製造方法により製造されるポーラス金属を提供することができる。
技術概要
図1は、ポーラス金属の製造方法およびポーラス金属を示す。この製造方法は、不活性ガス雰囲気下で、粉末状の金属素材を溶融した後、冷却して凝固させる。この製造方法では、粉末状の金属素材を溶融したとき、粉末状の金属素材の隙間に入り込んでいた不活性ガスの気泡を、溶融した金属素材の中に取り込むことができる。その後、溶融した金属素材を冷却して凝固させることにより、不活性ガスの孔を多数含む多孔質のポーラス金属を製造することができる。この製造方法では、粉末状の金属素材を溶融する工程と、それを冷却する工程とにより、容易にポーラス金属を製造することができる。また、単元素の金属の素材や各種の合金の素材など、様々な種類の金属素材を使用することにより、様々な種類のポーラス金属を製造することができる。図2は他の製造方法により製造されたポーラス金属を示す電子顕微鏡写真である。図3は図2に示すポーラス金属の圧縮試験による応力ひずみ曲線のグラフおよび圧縮試験後のポーラス金属の電子顕微鏡写真である。図4は、さらに他の製造方法の原理を示す(a)金属素材の溶解前の側面図、(b)金属素材の溶解後の側面図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT