無線パケット通信方法及びシステム

開放特許情報番号
L2010003107
開放特許情報登録日
2010/4/30
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2008-232048
出願日 2008/9/10
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-068200
公開日 2010/3/25
登録番号 特許第5142283号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線パケット通信方法及びシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線LAN、有線LAN
目的 CFPのスロットを効率よく活用することによりパケット廃棄率を低減可能させ、低消費電力化が可能な無線パケット通信方法及びシステムの提供。
効果 本技術によれば、パケット廃棄率を低く抑えることができ、ひいては、平均消費電力も低く抑えることが可能となる。
技術概要
本技術を適用した無線パケット通信システムは、複数の無線端末と、ネットワーク全体を制御する無線基地局とを備えている。無線パケット通信システムは、IEEE802.15.4標準に基づく低速WPAN(Wireless Personal Area Network)である。なお、無線パケット通信システムは、スター型に限定されるものではなく、ツリー型やメッシュ型等いかなるネットワーク形態を適用してもよい。また、この無線パケット通信システムでは、無線端末を例えば人体内に埋め込み(インプラント)し、或いは人体に装着するものであってもよい。そして、人体外に無線基地局を配設するようにしてもよい。かかる場合において、無線端末は、人体内を撮像し、あるいは体内の各種情報をセンシングし、取得したデータを体外の無線基地局へと送信する。無線基地局は、かかるデータを受信し、これを解析することにより、人体の異常を検知することになる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT