名札ケース

開放特許情報番号
L2010003092 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2010/4/23
最新更新日
2010/4/23

基本情報

出願番号 特願2008-069300
出願日 2008/3/18
出願人 猿賀 達郎
公開番号 特開2009-220873
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第4471231号
特許権者 猿賀 達郎
発明の名称 名札ケース
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 名札 名札ケース ティシュペーパーケース
目的 子供にとって、ポケットティシュの包装材はツルツルと滑りやすく、ポケットからハンカチ等を出し入れするときに誤って落としてしまったり、ペーパーの引き出し口が破れやすいため、中身がはみ出てきて不経済であった。そこで、名札の形や大きさがポケットティシュケースにぴったりなことから、これらを合体させることにした。これなら1枚ずつ確実に引き出せるので、最後まで使いきることができる。また、学校生活の中で、あるいは勤務先等において(特にポケットのない着衣が多いOL等にとって)ポケットティシュを常に容易に携行できるようになる。
効果 名札の裏側にティシュペーパーケースを兼ね備えたことで、スリットからペーパーを1回分ずつ容易に引き出すことができ、包装フィルムが破れて中身がはみ出てくることもない。名札とポケットティシュの挿入口を別々にして収納部を二層式としたので、表面の名札側に支障なく裏側のティシュの補充ができ、底面にマチ部を設けたことによりティシュがずり上がってくることを防げる。直接身につける名札にポケットティシュを収納すれば持ち忘れることもなくなり、容易に携行できるので、食事の時、花粉症状の時などにも咄嗟にペーパーを取り出せる。
技術概要
一例として、学童用の胸部に着ける縦長の名札ケースの場合、この本体部は、名札とポケットティシュの挿入口を別々にして、収納部を二層式としている。このため、表側の名札に支障なくポケットティシュの補充ができ、また、底面板としてマチを有しているため、ポケットティシュの挿入が容易で、かつ、ずり上がってくることを防げる。裏面板に縦スリットを設けたことで、ペーパーを容易に1回分ずつ引き出すことができる。本体部の延長となるホルダー部により、安全ピン等を用いて着衣に固定することから、子供用の軽量なミニポケットティシュのサイズに適応させることで、着衣への負担を軽減できる。また、通常のサイズのポケットティシュに対応する形態として、首下げタイプや、胸部に止め具等で固定するタイプの名札ケースの例がある。このタイプは裏面版に横スリットを設けて、鼻炎症状の時や飲食時などに、手軽に簡単に取り出せるようにした。素材として、薄い透明な再生樹脂のシート等を用いると、軽量で丈夫であり、端部を圧接や溶接等により簡単に接着することができるため、低コストで製造できる。また、布や合成皮革等の素材を用いると、耐久性に優れ、デザイン性も高くなる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 この「名札ケース」を用いることで、ポケットティシュを最後まで無駄なく使いきることができるようになれば、子供の心に「ものを粗末にしない、最後まで大切に使う」という気持ちを育むことにつながると思われます。子供にとって、自分の名前が書いてある「名札」は、これを胸に着けることで周囲に対して自らを主張するものであり、そこから、自分の名前に責任を持つという意識へと通じます。ですから、その裏側に備えたポケットティシュについても、自分が責任を持って管理するという気持ちが働き、もったいないという気持ちから、最後まで大切に使うようになると思われます。ポケットティシュを無駄にすることがなくなれば、紙資源の節減になり、限りある資源を大切に使うという意味でも貢献できます。子供にとって、自分の小さな働きかけが積み重なることで、やがては地球を守るために役立っているということを学ぶきっかけとなり、環境に配慮する気持ちを引き延ばすことにもなります。また、忙しい朝に、親の「名札持った?」の一言で、自分からティシュの補充をし、そこからハンカチも忘れずに持つという習慣付けがなされることが期待できます。子供に限らず、例えば、食べこぼした時や、鼻炎症状の時、ちょっと手を切った時など、すぐにティシュペーパーを出して使えるので、身の回りを清潔に保つことができます。お年寄りや忘れ物をしやすい人も、特別に意識したり周囲が気にかけなくても、日常的に名札を見ることで、そこからティシュを連想し、直接手で触れることで記憶に定着されるため、持ち忘れないように注意を喚起できるし、もしもの時にも、慌ててパニックを起こしたりする心配がなく、精神安定して快適に生活することができます。身体に障害のある人にとっても、身支度の時に、名札ケースひとつを身に着けることで、同時にティシュも携帯できるので、動作がワンクッション軽減できますし、片手だけで取り出しやすいという利点があります。更に、介護する側の人にとっても、これによる利便性は顕著です。このように、日常生活においてティシュペーパーを使う機会は非常に多く、これをすぐに容易に取り出して使用できることで、その利便性は更に向上します。よって、この発明は、子供の心の教育や、広い用途での必要性を満たし、環境保護の一助にもなり得るという多面的な有効性を備えていることから、より豊かな社会を築いていくうえで、大きく貢献するものと考えます。

登録者情報

登録者名称 猿賀 達郎

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT