光センサーアレイ、光センサーアレイデバイス、撮像装置、及び光センサーアレイの検出方法

開放特許情報番号
L2010002823
開放特許情報登録日
2010/4/2
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2008-195200
出願日 2008/7/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-034872
公開日 2010/2/12
登録番号 特許第5083982号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光センサーアレイ、光センサーアレイデバイス、撮像装置、及び光センサーアレイの検出方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 光センサーアレイ、光センサーアレイデバイス、撮像装置
目的 改善された性能、たとえば、改善された応答時間、改善された混合問題、改善されたダイナミックレンジ、改善された低光量の光学像の検出能力、改善された信号対雑音比のうちの少なくとも1つを有する2次元光センサーアレイを提供する。
効果 改善された性能、たとえば、改善された応答時間、改善された混合問題、改善されたダイナミックレンジ、低光量の光学像を検出する改善された能力、及び改善された信号対雑音比のうちの少なくとも1つを有する2次元光センサーアレイが得られる。
技術概要
光センサーアレイが、第1及び第2グループ複数接続手段と、複数の光センサーとを備え、光センサーは各々第1方向及び第2方向に配置され、第1と第2グループの夫々の複数接続手段とは互いに絶縁されかつ互いに交差し、第1及び第2グループ複数接続手段の夫々一つに接続され、第1、第2グループ複数接続手段の夫々選択された一つとの交差位置において、複数の光センサーから1つの光センサーが選択される。1つのグループの複数接続手段が第1及び第2グループ複数接続手段から選択され、選択されたグループの複数接続手段の一つが更に選択され、第1電位から第2電位に駆動され、一方、選択されたグループの複数接続手段の残りは第1電位に維持され、選択されていないグループの複数接続手段の各々一つを第3電位から第4電位に駆動して後第4電位から第3電位に逐次駆動する一方、選択されていないグループの複数接続手段の残りを第3電位に維持することによって、選択されたグループの複数接続手段の選択された一つに接続されている光センサーからの光電電流が、選択されたグループの複数接続手段の選択された一つを通して、おおよそ第2電位において逐次検出される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 光アレイ及びその周辺回路によって改善された光アレイデバイスが得られ、光アレイデバイス及び結像手段を用いる改善された撮像装置が実現される。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT