通信タイミング制御装置、通信タイミング制御方法、ノード及び通信システム

開放特許情報番号
L2010002771
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2007-049609
出願日 2007/2/28
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2008-219103
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4389949号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 通信タイミング制御装置、通信タイミング制御方法、ノード及び通信システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 通信タイミング制御装置、通信タイミング制御方法、ノード及び通信システム
目的 停止状態(スリープ状態)から復帰した直後のノード又は新規に追加された直後のノードのデータ送信可能時間(データ送信帯域)をできるだけ確保することができる通信タイミング制御装置、通信タイミング制御方法、ノード及び通信システムが望まれている。
効果 スリープ状態からアクティブ状態に復帰した直後のノード又は新規に追加された直後のノードのデータ送信可能時間(データ送信帯域)をすばやく確保することができる。
技術概要
 
通信システムを構成する複数のノードのそれぞれに設けられている通信タイミング制御装置であって、他ノードからの通信タイミング信号の受信タイミングを利用して、自ノードからの通信タイミング信号の送信タイミングを決定し、この送信タイミング及び他ノードからの通信タイミング信号の受信タイミングに基づいて、自ノードからデータ信号を送信する時間を決定する通信タイミング制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT