送信制御装置、無線通信装置及び無線通信システム

開放特許情報番号
L2010002718
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2004-196788
出願日 2004/7/2
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2006-020142
公開日 2006/1/19
登録番号 特許第4353007号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 送信制御装置、無線通信装置及び無線通信システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 送信制御装置、無線通信装置及び無線通信システム
目的 上り方向と下り方向とで通信伝送路を共有する半二重な無線通信システムにおいて、上り方向パケットと下り方向パケットとの衝突を回避することができる送信制御装置、無線通信装置及び無線通信システムが求められている。
効果 無線区間において、上り方向と下り方向とのパケット衝突確率を低減することができるので、通信伝送路(無線チャネル)のスループットを向上させることができ、また音声通信における通話品質を向上させることができる。
技術概要
 
半二重な通信伝送路を無線通信する上り方向パケット又は下り方向パケットの送信タイミングを制御する送信制御装置において、 到着したパケットのパケット情報に基づいて、当該到着パケットが双方向通信対応のパケットであるか否かを判別するパケット種別判定手段と、 上記パケット種別判定手段により双方向通信対応パケットであると判定されたパケットの上り方向の到着時刻及び下り方向の到着時刻と、当該双方向通信対応パケットの上り方向又は下り方向の平均到着間隔時間とを測定するパケット測定手段と、 上記双方向通信対応パケットを受信すると、当該双方向通信対応パケットを一時的に保持するパケット保持手段と、 上記上り方向パケットの到着時刻又は上記下り方向パケットの到着時刻から、上記平均到着間隔時間に基づいて求めた送信保持時間経過後に、当該上り方向パケット又は当該下り方向パケットを送信する送信制御手段と を備えることを特徴とする送信制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT