情報通信装置および情報通信システム

開放特許情報番号
L2010002714
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2004-181258
出願日 2004/6/18
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2006-005746
公開日 2006/1/5
登録番号 特許第4315063号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 情報通信装置および情報通信システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 情報通信装置および情報通信システム
目的 本発明の目的は,通信環境や情報通信装置の数に応じた最適な通信を,人手によらず自動で行うことの可能な,新規かつ改良された情報通信装置および情報通信システムを提供することである。本発明は,例えばセンサネットワークのソフトウェア更新時において,サーバからノードへソフトウェアデータを送信する際などに有用な技術を提供するものである。
効果 通信環境や情報通信装置の数に応じた最適な通信を,人手によらず自動で行うことが可能である。本発明は,例えばセンサネットワークのソフトウェア更新時において,サーバからノードへソフトウェアデータを送信する際などに有用である。 サーバからすべてのノードへソフトウェアデータを送信したい際に,通信環境やノードの数に応じた最適な通信を,人手によらず自動で行うことができる。
技術概要
 
サーバとの間で通信ネットワークを構成する情報通信装置であって、 第1通信方式で無線通信を行うための第1通信制御部と、 第2通信方式で無線通信を行うための第2通信制御部と、 前記通信ネットワークを構成する他の情報通信装置と、前記第1通信方式または前記第2通信方式でパケット送受信を行う通信部と、 前記通信部で受信したパケットが、前記第1通信方式または前記第2通信方式のいずれかで通信されるパケットであるかを解析し、解析した結果に応じて前記第1通信方式と前記第2通信方式とを切り替えるパケット解析部と、 前記第1通信方式でパケットを受信した場合にリセットされるタイマと、 前記タイマのタイムアウト時に、前記第2通信方式でパケット送受信を行うことを前記サーバに通知するサーバ通信部と、 を備え、 前記第2通信方式は、前記第1通信方式に比べて通信の信頼性が高いことを特徴とする、情報通信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT