伝送媒体アクセス制御装置および方法

開放特許情報番号
L2010002702
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2004-257498
出願日 2004/9/3
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2006-074606
公開日 2006/3/16
登録番号 特許第4196908号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 伝送媒体アクセス制御装置および方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 伝送媒体アクセス制御装置および方法
目的 自身に割り当てられたタイムスロットが到来するまでの待ち時間が問題となり、この待ち時間の合計を短縮して、スループットをいっそう高めることが難しいという問題を解決する。
効果 対等分散型の環境でTDMAを実現できる上、データ信号の中継に伴う遅延時間を短縮し、スループットをいっそう高めることが可能である。
技術概要
 
周期的に循環する複数のタイムスロットのいずれかを利用して自ノードを伝送媒体にアクセスさせることにより、伝送媒体に対するアクセス制御を実行する伝送媒体アクセス制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT