格子型波長多重光ネットワーク及び格子型波長多重光ネットワークでの経路配置移行方法

開放特許情報番号
L2010002696
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2004-358367
出願日 2004/12/10
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2006-166343
公開日 2006/6/22
登録番号 特許第4155262号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 格子型波長多重光ネットワーク及び格子型波長多重光ネットワークでの経路配置移行方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 格子型波長多重光ネットワーク 格子型波長多重光ネットワークでの経路配置移行方法
目的 パケットの到達性を保ちながら、ネットワーク全体のパス配置を現用パス配置から、最適パス配置へと移行可能な格子型波長多重光ネットワーク及び経路配置移行方法を提供することにある。
効果 経路変更の際に、光信号の到達性を確保しながら、ネットワーク全体について現用経路配置から最適経路配置へと移行することができる。
技術概要
 
パケットの到達性を保ちながら、ネットワーク全体のパス配置を現用パス配置から、最適パス配置へと移行可能な格子型波長多重光ネットワーク。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT