秘密分散方法、秘密分散システム、及び分散演算装置

開放特許情報番号
L2010002610
開放特許情報登録日
2010/3/26
最新更新日
2010/3/26

基本情報

出願番号 特願2003-136814
出願日 2003/5/15
出願人 沖電気工業株式会社
公開番号 特開2004-341152
公開日 2004/12/2
登録番号 特許第4305049号
特許権者 沖電気工業株式会社
発明の名称 秘密分散方法、秘密分散システム、及び分散演算装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 秘密分散方法、秘密分散システム、及び分散演算装置
目的 既に何人かのメンバが保有している分散情報を秘密にしたまま、既に保有されている分散情報を変更せず、分散情報を未だ保有していないメンバの分散情報を算出することができる秘密分散方法、秘密分散システム、及びこの秘密分散システムを構成する分散演算装置を提供することである。
効果 もとの秘密情報及び既に何人かのメンバが保有している分散情報を秘密にしたまま、既に保有されている分散情報を変更せず、分散情報を未だ保有していないメンバの分散情報を算出することができるという効果がある。秘密分散を行うためのセンターを必要とせず、センターがメンバになりすます不正を防止できるという効果がある。
技術概要
 
秘密分散方法であって、 上記初期メンバの分散演算装置のそれぞれが、自身の分散演算装置が保有する分散情報Xi(i=1,2,…,n)を分散して複数の部分情報を生成し、上記部分情報のそれぞれを上記初期メンバの分散演算装置及び上記新規メンバの分散演算装置のそれぞれに配布する工程と、 上記初期メンバの分散演算装置及び上記新規メンバの分散演算装置のそれぞれが、自身の分散演算装置が保有する部分情報を用いた分散計算により中間計算結果を生成し、上記新規メンバの分散演算装置のそれぞれに配布する工程と、 上記新規メンバの分散演算装置のそれぞれが、受け取った上記中間計算結果を用いて、自身の分散演算装置が保有することになる上記分散情報Xy(y=n+1,n+2,…,n+t)を算出する工程と を有することを特徴とする秘密分散方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖電気工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT