Zn(OH)2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルム、ZnOナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルム、およびそれらの作製方法

開放特許情報番号
L2010002038
開放特許情報登録日
2010/3/12
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2009-267802
出願日 2009/11/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-111346
公開日 2011/6/9
登録番号 特許第5339372号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 Zn(OH)2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルム、ZnOナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルム、およびそれらの作製方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 DNAセンサー、たんぱく質センサー、ガスセンサー、色素増感型太陽電池、溶液センサー、フィルター、触媒
目的 Zn(OH)↓2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルムなどの提供。
効果 本技術によれば、Zn(OH)↓2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルムを作製することができる。ハイブリッドフィルムは、例えば、DNAセンサー、たんぱく質センサー、溶液センサー、ガスセンサー、色素増感型太陽電池、フィルター、触媒などとしての用途を有するものである。
技術概要
この技術では、ZnOウィスカーの温水処理や、Zn(OH)↓2の成長、加熱処理を用いて、Zn(OH)↓2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルム、ZnOナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルムを合成する。第一段階として、析出法を利用して、FTO基板などの基板上に、ZnOウィスカー膜を形成させ、さらに、ZnOウィスカー膜に、温水処理を施すことにより、ZnOウィスカー膜表面に、Zn(OH)↓2ナノシートを形成させ、その結果、Zn(OH)↓2ナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルムを、FTO基板などの基板上に形成する。次いで、このZn(OH)↓2ナノシートとZnOナノウィスカー膜に、加熱処理を施すことにより、ZnOナノシートとZnOナノウィスカー膜によるハイブリッドフィルムを合成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT