密閉空間に配置されるガス計測装置

開放特許情報番号
L2010002027
開放特許情報登録日
2010/3/12
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2009-260573
出願日 2009/11/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-106894
公開日 2011/6/2
登録番号 特許第5170704号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 密閉空間に配置されるガス計測装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ガス計測装置システム
目的 毒物の気化成分や、食品材料の腐敗にともなって発生するアンモニアガス等のガス成分を長時間にわたり高精度に計測し、時間とともに記録して、密閉空間の環境の経時変化を長期間にわたり確認できるガス計測装置を提供する。
効果 ガス計測器を配置した密閉空間内の特定ガス成分の経時変化を記憶手段に記録させ、この記録内容を、パーソナルコンピュータ等に読み取って密閉空間における特定ガスの成分濃度の経時的変化を確認することができる。
技術概要
測定装置1に、水晶振動子センサを利用したガス測定素子2、測定部3及び計算部4とからなる計測回路、記憶部(記憶手段)5、及びアルカリ電池や2次電池等からなる電源部を具備させる。ガス計測器は、本体と、水晶片を挟むように電極を形成させ、この電極の表面に、特定のガス成分を吸着する有機系もしくは無機系の検知薄膜を設けたガス測定素子2とさせ、この電極に交流電界の電圧を印加させる。更に、ガス測定素子の振動周波数を測定し、測定した振動周波数を時間とともに記憶手段に記録させる計測回路と、計測回路に電力を供給する電源部とを構成させ、本体に、これらガス測定素子、計測回路、記憶手段及び電源部を密閉空間に配置する。これにより、ガス計測器単体で、密閉空間内の特定ガス成分の経時変化を記憶手段に記録させる事が出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT