撮影カメラ、画像表示装置及び画像表示システム

開放特許情報番号
L2010001768
開放特許情報登録日
2010/3/5
最新更新日
2015/12/3

基本情報

出願番号 特願2008-189093
出願日 2008/7/22
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2010-026332
公開日 2010/2/4
登録番号 特許第5354253号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 撮影カメラ、画像表示装置及び画像表示システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 レンズアレイ、撮影カメラが撮影した要素画像
目的 簡易な構成で、画像の送信量を抑えることができる撮影カメラ、画像表示装置及び画像表示システムの提供。
効果 1台の撮影カメラで要素画像群を撮影できると共に、画像表示装置が必要とする要素画像のみを選択して画像表示装置に送信できるため、複数台の撮影カメラで構成される従来のマルチカメラに比べて、簡易な構成とすることができ、画像表示装置が必要としない要素画像を送信する従来の単一カメラに比べて、画像の送信量を抑えることができる。
技術概要
この技術は、レンズアレイを介して、要素画像群を撮影し、撮影カメラが画像表示装置に送信する要素画像の位置と数とを示す予め設定された送信要素画像情報を記憶する。撮影素子が撮影した要素画像群を分解手段にて要素画像に分解する。送信要素画像情報に設定された要素画像の位置と数とに基づいて、分解手段が分解した要素画像のうち、画像表示装置に送信する要素画像を選択手段にて選択する。選択手段が選択した要素画像を画像表示装置に送信する。かかる構成によれば、撮影カメラは、記憶手段によって、被写体を撮影する前に、画像表示装置が必要とする要素画像を示す送信要素画像情報を記憶しておく。この送信要素画像情報は、画像表示装置から送信されても良い。また、撮影カメラは、撮影素子によって、レンズアレイを介して被写体を撮影することで、要素画像で構成される被写体の要素画像群を、1台の撮影カメラで撮影できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT