被処理材撹拌処理装置

開放特許情報番号
L2010001764
開放特許情報登録日
2010/3/5
最新更新日
2010/3/5

基本情報

出願番号 特願2001-045129
出願日 2001/2/21
出願人 フジカーボン株式会社
公開番号 特開2002-239360
公開日 2002/8/27
発明の名称 被処理材撹拌処理装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 混合、混練、乾燥、加熱、溶融、反応、反応加工、押出、反応押出
目的 ケーシング内における被処理材の理想的な滞留時間と理想的な撹拌効果とを両立することができ、小型で安価な撹拌処理装置の提供。
効果 被処理材の滞留時間は、撹拌部材の順方向および逆方向の自軸回転の組合せによって任意に設定することができると共に、被処理材の撹拌効果は、撹拌部材の回転速度により任意に設定することができ、ケーシング内における被処理材の理想的な滞留時間と理想的な撹拌効果とを両立することが可能となる。
技術概要
この技術における被処理材攪拌処理装置は、被処理材の供給口と排出口が設けられたケーシングと、撹拌軸とこの撹拌軸の周面に設けられた撹拌羽根とからなり、かつケーシング内に長手方向に延びる態様で配設された一ないし複数の撹拌部材と、この撹拌部材をケーシング内において自軸回転させる駆動機構と、を備えた被処理材撹拌処理装置である。撹拌部材は、順方向と逆方向の自軸回転を交互に繰り返すことによって、ケーシング内の被処理材を撹拌しながら推進せしめる。これによれば、被処理材は、撹拌部材の順方向および逆方向の自軸回転に伴って、ケーシング内において往復運動を繰り返しながら推進せしめられ、ケーシングの供給口から排出口まで移動する。このため、ケーシング内における被処理材の実際の移動距離はケーシングの長さより長くなり、それに伴ってケーシング内における被処理材の滞留時間も長くなる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 フジカーボン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT