有限要素解析用の四面体メッシュの生成方法およびその方法を用いた有限要素解析システム

開放特許情報番号
L2010001603
開放特許情報登録日
2010/3/5
最新更新日
2016/2/18

基本情報

出願番号 特願2004-252933
出願日 2004/8/31
出願人 国立大学法人北海道大学、株式会社日立製作所
公開番号 特開2006-072531
公開日 2006/3/16
登録番号 特許第4664023号
特許権者 国立大学法人北海道大学
発明の名称 解析用四面体メッシュ生成装置
技術分野 機械・加工、有機材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 製品等の物品の強度や熱変形等の物理的な性質評価等に有用な有限要素解析システムに適用する。
目的 高密度四面体メッシュを生成する有限要素解析システムを提供する。
効果 コンピュータを用いて、解析に適した性質を持つ解析用多重解像度メッシュを自動生成できる有限要素解析システムが可能になる。
技術概要
(A)製品のソリッドモデルのデータを取り込んで解析条件を設定する解析条件設定部1と、(B)ソリッドモデルおよび解析条件を取り込み、少なくとも設定要素サイズに基づいて解析条件が設定された要素に識別符号を付して四面体メッシュを生成する四面体メッシュ生成部2と、(C)四面体メッシュ生成部2により生成され、かつ識別符号が付された四面体メッシュと、設定された性質制御パラメータとを取り込み、低密度の解析用四面体メッシュを生成する多重解像度四面体メッシュ生成部3と、(D)多重解像度四面体メッシュ生成部3により生成された解像度制御が可能な多重解像度の四面体メッシュを取り込み、先の解析条件を用いて有限要素解析を実施する有限要素解析部4とを、コンピュータを用いて構成する有限要素解析システムにする(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT