エンドトキシン不応答性モデル動物

開放特許情報番号
L2010001227
開放特許情報登録日
2010/2/19
最新更新日
2015/11/12

基本情報

出願番号 特願2003-338013
出願日 2003/9/29
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2005-102544
公開日 2005/4/21
登録番号 特許第4236549号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 エンドトキシン不応答性モデル動物
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 エンドトキシン不応答性モデル動物
目的 TIRドメインを含みTRIF関連アダプタータンパク質であるTRAM(TRIF関連アダプター分子)の機能解明に有用な、特にグラム陰性菌の細胞壁画分であるエンドトキシンに不応答性のモデル非ヒト動物や、かかるエンドトキシンに不応答性のモデル非ヒト動物を用いたTLR4が認識するリガンドに対する応答の促進物質又は抑制物質のスクリーニング方法等を提供する。
効果 TRAMノックアウトマウス等のエンドトキシン不応答性モデル非ヒト動物は、エンドトキシン等のTLR4が認識するリガンドに対して不応答性であるため、TLR4が認識するリガンドに対する応答の抑制物質若しくは促進物質のスクリーニングが可能となり、ひいては、エンドトキシン又はそのレセプターの過剰な産生等に起因するエンドトキシンショック等の疾病に対する薬剤の開発に有用な情報を得ることができる。
技術概要
 
染色体上のTRIF関連アダプター分子遺伝子が欠損し、野生型において発現されるTRAMを発現する機能が失われており、TLR4が認識するリガンドに対する応答性が特異的に障害されているマウスを、TLR4を介したMyD88非依存的なエンドトキシン不応答性のモデル動物として使用する方法である。エンドトキシン不応答性の非ヒト動物としては、TRAM遺伝子の一部もしくは全部が欠損し、野生型において発現されるTRAMを発現する機能が失われており、TLR4が認識するリガンドに対する応答性が特異的に傷害されているモデル非ヒト動物であれば特に制限されるものではなく、TLR4が認識するリガンドとしては、主としてグラム陰性菌の外膜成分として存在するエンドトキシンとも呼ばれるリポ多糖(LPS)、グラム陽性細菌の細胞壁成分であるリポテイコ酸(LTA)、結核菌(Mycobacterium tuberculosis)溶解物、グラム陽性菌細胞壁画分等を例示することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT