車いす用物品収納かご

開放特許情報番号
L2010001216
開放特許情報登録日
2010/2/19
最新更新日
2010/6/11

基本情報

出願番号 特願2008-279931
出願日 2008/10/30
出願人 牛頭 智子
公開番号 特開2010-104582
公開日 2010/5/13
登録番号 特許第4345991号
特許権者 牛頭 智子
発明の名称 車いす用物品収納かご
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 車いす用物品収納かご
目的 車いす用物品収納かごを使用することにより買い物などでできた大容量の荷物を収納でき、かつ安全に運搬することのできる車いす用物品収納かごを提供する。
効果 この車いす用物品収納かごは、挿入開口部を設けることにより大容量の物品を収納することができる。
技術概要
車いすの座席下の空間に取り付ける物品収納かご1は、底板部と底板部の周縁に前後左右壁部を備えた収納部10と、収納部10の上部に収納部10の容量を増やすために設けた左右側面と後側面を備えた拡張部と、収納部の左右壁部の中央から後方と後壁部と、左右壁部の中央から後方と後壁部に対向する拡張部の左右側面の中央から後方と後側面の間に車いすの左右脚連結補強バーを挿入可能にするファスナーを装着した挿入開口部と、拡張部の上部に設けられ、プラスチック板によって補強された後縁部と伸縮素材が挿通されている左右伸縮部を備えた伸縮補強部と、伸縮補強部上縁に設けた上方取付手段から構成されている。収納部と拡張部と伸縮補強部を折り畳み可能な材料で形成する。拡張部は、網状の織物で形成する。収納部の前壁部に前方取付手段を設ける。収納部の後方に後方取付手段を設ける。収納部10は、底板部10aの周縁に前後左右壁部10b、10c、10d、10eを備え、拡張部11は、左右側面11a、11cと後側面11bを備える。これにより、物品の収納を可能にしている。さらに、伸縮補強部12は、後縁部12bと左右伸縮部12a、12cより構成されている。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 収納部と拡張部と伸縮補強部で構成し、さらに伸縮補強部には伸縮可能な素材を添設することにより物品の出し入れを容易にするとともに物品の落下を防ぐことができる。
改善効果2 車いすの座席下の空間を利用して物品を収納するため安定性が高く、車いすがバランスを崩し転倒してしまうことを阻止できる。

登録者情報

登録者名称 牛頭 智子

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT